幻想的なバラの描き方~アルコールインクアート~

技法に間違いがなく
誰でも素敵な作品が描ける!アートとして

アルコールインクアートが人気です。
(ただし、描く際は
アルコールアレルギーの方はご注意ください!)

 

アルコールインクアートとは、
アルコールとアルコールインクに風を当て、
揮発するときにできる
色のグラデーションや形を楽しむアートです。

instagramなどで、
多くの海外のアーティストの作品が話題になり、

近年では、日本でも協会が発足するなど、

クリアな発色や
えもいわれぬ色のグラデーション、
そして、
偶然が織りなす形の美しさが
人気を呼んでいるアートです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ashley Mahlberg(@inkreel)がシェアした投稿

おととし、そして昨年の
筆者の個展にも
作品を展示させていただきました。

アルコールインクアートの作品↓

大竹麻友 2021
【The universe】290㎜×200㎜ 

 

どうやって描くの?と
ご質問をいただくことも多い
アルコールインクアートの描き方を
動画にしてみました♪

 

この作品の描き方です↓

アルコールインク3色と
無水エタノール(アルコール)を使っています。

今回は、ドライヤーの風を利用するほかに、
筆とアルコールも使って、
幻想的なバラの花を描く方法をご紹介します。

動画の補足です。

材料は
・ユポ紙
・コピックインクRV99(アルコールインク)
・コピックインクR37 (アルコールインク)
・ピニャータゴールドBRASSインク(アルコールインク)
・無水エタノール(アルコール)

※購入先のリンクを貼れると良かったのですが
まだ準備中です、ごめんなさい!

コピックインクは
コピックのペンではなく
詰め替えインクを使用します。

コピック公式ホームページ
コピックインク – コピック公式サイト (copic.jp)

ユポ紙とピニャータゴールドBRASSインクは
楽天市場やAmazonなどの通販サイトでご購入いただけます。

無水エタノールは
お近くのドラッグストアでご購入いただけます。

アルコール濃度が高いので
必ず無水エタノールを選んでください。

それと、使っている筆は
細い筆と普通のサイズの筆。
100円ショップなどにあるもので充分です。

それでは~
はじめて作った動画ですので

ときどき、お見苦しい点がありますが

どうぞご覧ください♪

 

風を使ってバラを描く手法もあるのですが、

筆を使ったほうが、
形を作りやすいので
個人的にはおススメです。

ご興味ありましたら
ぜひトライ!してみてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。